大阪観光

大阪観光

 

大阪観光 > 大阪観光

高齢化時代に突入した日本だからこそ可能な土地活用法

空き家を持っているが、建物を解体した上で残った土地を上手に活用したいと考えていたり、あるいは、すでに更地になっている土地をどうにか利用して収入を得たいと考えているなら、目を向けてもらいたいのが、高齢者のための施設を建てるという土地活用法です。

日本はもはや深刻な高齢化社会に突入していると言ってもよく、この状況はこの先もさらに深刻化していくと見られています。高齢者のみの世帯も徐々に増え続けており、それが孤独死や老老介護などにつながっている現状があります。

こうした状況にただ手をこまねいて見ていることはできず、政府もさまざまな対策を打とうとしていますが、しかしそれでも高齢化の波を止めることは難しいでしょう。

しかし、土地を所有している人にとっては、これを1つのビジネスチャンスと捉えることができるはず。高齢者が増えるということは、そうした層に向けたサービスの需要が必然的に増していくわけです。

土地を所有している人は、そこに高齢者向けの施設を作れば、しっかりとした収入を得る目処を立てることが可能となります。

ぜひ、検討してみてください。空き家をそのまま高齢者向けの住宅に活用する事業も国の主導で進んでいます。せっかく土地や空き家を所有しているのであれば、この波に乗らない手はありません。

介護などに必要な施設はさまざま

老人ホームや高齢者のための住まいなどは、行政機関ではなくても運営が可能なものがいくつか存在しています。こうした施設であれば、空いている土地に建物を建てた上で設置・運営し、高齢者やその家族などに利用してもらうことが可能です。

老人ホームと一言で言っても、その運営方法はさまざま。介護職員が常におり、そこを訪れる高齢者に対して介護を中心に行う施設もあれば、そこに高齢者が住み、介護職員が訪れケアをすることで成り立つ施設もあります。

中には、年齢を重ねているため施設には入るけれども、特別な介護を必要としない元気な高齢者ばかりが集まった施設などもあります。

もちろん、どの施設であってもある一定の基準や条件をクリアしている必要はありますが、高齢者によってもその状態や症状というのは異なるため、こうして細分化し、それぞれの介護事業を運営してくことが可能なのです。
その土地柄や地域の特徴、あるいは需要などを考えた上で運営形態を選択していきましょう。

何も自ら介護施設を運営する必要はありません。それでは土地所有者にとってハードルが高くなってしまいますから、介護事業を行いたい業者等に所有している土地を貸し、あとは建物を建てるのも運営を行うのもその業者にお任せするという方法をとるのが一般的。

これであれば介護施設に対する知識があまりなくても、空いた土地を上手に活用して収入を得ることができます。

ただ、実際にこうした事業のために土地を貸し出すのであれば、ある程度の知識は備えておきたいところ。どのような施設が建つのか、どのようなサービスを行うのかなどはしっかりと把握した上で契約を結ばなければいけません。もちろん、業者選びも重要になってきます。

介護等が可能な施設を作るためには

高齢者のための施設を作るには、それぞれの基準をクリアする必要があるのは上で述べた通りです。この基準は建築基準法上のものであることもありますし、老人福祉法上のものであることもあります。
このどちらもの基準をクリアした上で建物を建て、そして介護施設などを運営していかなければいけません。

トイレや洗面所、キッチンなどの有無やそれがある場所によって共同住宅なのか、それとも寄宿舎などかなども変わってきます。そこが変われば、構造上クリアしなければならない基準や消防のために備えなければならない設備、その他の基準も変わってくるのです。

また、こうした介護施設などは補助金を受けながら建てることも可能。税制上も負担が軽減されるので、社会貢献をしながら収入を得ることができます。まさに土地の所有者にとっては大きなメリットとなるはず。

だからといって、空いている土地にどんどんと介護施設等を作るわけにもいきません。数に制限のある自治体もありますから、そうしたことも考慮した上で参入する、あるいは土地を貸し出すなどする必要があります。

土地をいきなり介護施設に、と言われてもピンとこない人の方が多いでしょうが、これからの時代にマッチし需要がなくなることはないと考えれば、土地活用方法の最有力な選択肢になることだけは間違いないはずです。

>>高齢化社会の土地活用方法<<

メニュー

AD

 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.