大阪観光

大阪観光

 

大阪観光 > 大阪観光

南海電車

南海電鉄は、大阪の難波駅を拠点とし和歌山県方面や関西国際空港方面へと伸びる関西を代表する私鉄の一つです。
和歌山市へ向かう南海本線と高野山に向かう高野線の2つの路線を軸に、いくつかの小さな路線を保有し、
大阪市から南側の住民の貴重な足であるとともに、関西国際空港へは競合するJRの路線との差別化をあらゆる手段で図っている私鉄であります。

その「あらゆる手段」が近年特に話題となっており、鉄道ファンのみならずその他のジャンルのファンまでもが注目することとなっているのです。
まず、関西国際空港方面に向かう特急電車の「ラピート」ですが、鉄人28号を彷彿させるその見た目が印象的です。
窓も飛行機を模して円形になっており、非常に独特なフォルムとともに人気の基となっています。

さらに、2014年、普段は濃紺の色で塗られたラピートの車体が、機動戦士ガンダムとコラボしシャア専用色に塗り替えられました。
この真っ赤な車体、さすがに通常の3倍で走行することはありませんでしたが、この鮮やかな赤い車両は見る者に強烈な印象を植え付け、
車体にはネオジオン軍のマークが記される等徹底していました。
全国のガンダムファンの心を捉えたこの策により、南海難波駅をはじめとした南海沿線に多くの観光客(?)を招き入れることに成功したそうです。

その後もLCCのピーチアビエーションカラーにしたり、今年に入ってからは「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」とのコラボで
車体を黒色を基調とした「スターフィールド」で覆い、映画の世界観を表現した外装デザインとなる予定です。

メニュー

AD

 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.